Uncategorized

古民家の借り方(貸し物件・売り家)

古民家探しのはてな

田舎暮らしを始めたいけど家見つかるかな?
どこで探したらいいの?
家主さんとの交渉はどうしたらいいの?
今まで都会暮らしでご近所付き合いとかしたことなかったけど大丈夫?

ゆきちゃん
ゆきちゃん
田舎暮らしに憧れて古民家を探しているけど物件が
みつからない人が多いみたいですね

実際に古民家を借りることができた経緯を書いた
今回の記事があなたの役に立つかもしれません

お役立ちリスト

  • 実際に古民家を借りることができた僕の経験、失敗談をまとめました
  • 田舎に知り合いがゼロでも問題ない理由
  • 田舎暮らしを始める時に注意すべき点3つ

実際に古民家を借りることができた僕の経験、失敗談

まず、古民家を探すにあたってやることがあります

ゆきちゃん
ゆきちゃん
それは決めること!
古民家住みたい住みたいではなく
住む!と決めちゃうことが大事
全てはそこから始まります

そして自分の中で条件を決めていく

  • 金額
  • 場所
  • 立地
  • 間取り

などですね

ゆきちゃん
ゆきちゃん
優先順位を決めて妥協できるラインも
決めておく

不動産屋会社などに物件探しを
依頼した場合にそのラインを
決めておかないと不必要な
物件を紹介されたりして
時間を無駄に使っちゃう可能性があります

ゆきちゃん
ゆきちゃん
僕の場合、友人から
近所の何軒か空いている古民家を
紹介してもらいました

この時に失敗したのが

基本的に不動産会社を
通さない場合は個人間の
やりとりになるわけですが
ちょっとでも気になった物件が
あれば早めに家主さんと
会っておかないと
いざ契約したいと考えたときに
なかなかスケジュールが合わずに
会えなかったり

今ならコロナの緊急事態宣言のせいで
会えなくなったりと
色んな要因で会えなくなる可能性も
でてきます

なので会えるうちに1度でも会っておくと
あの時に会ったあの人という具合に
会えなくても契約が進む可能性があります

ゆきちゃん
ゆきちゃん
今回借りるにあたって
1度も会っていなかったので
いざ会うと決めてから2ヶ月以上も
待つことになってしまいました

11月に決めてから実際に会えたのは
年明けて1月でした

ゆきちゃん
ゆきちゃん
本当は11月に会って
12月には引越しという流れが
最幸だったけど
結局引越しは2月にずれ込みました

それによって前のマンションの
家賃など2ヶ月分を余計に
払ってしまう形になってしまった

家賃が変わらないのなら
気にならないけど
今回はや家賃が10分の1以下に
なるので
この2ヵ月分の家賃はかなり
痛かったです

ゆきちゃん
ゆきちゃん
その2ヶ月分があれば
色々できたのになーと
反省点ですね

だけどそれが
僕のタイミングだったのかと
思えば納得できるし
このタイミングだったから
契約できたんだと
思ってる

ゆきちゃん
ゆきちゃん
タイミングって
めちゃくちゃ大事

田舎に知り合いがゼロでも問題ない理由

元々今回の移住先の田舎に
知人はいなかった

そんな中どうやって古民家を
探したのか

そこから知り合いがゼロでも
問題ない理由をお伝えしていきます

知り合いがいないなら
作ろう!ということです

ゆきちゃん
ゆきちゃん
おそらく
田舎暮らしに憧れているあなたは
移住して引きこもろうとは
考えていないはず

引きこもるなら都会の便利な
賃貸物件に住んでる方が
ご近所付き合いもなく
家から出なくても全てが
手に入る環境にからです

田舎には
昔ながらのご近所付き合いや
何より美味しい空気があるので
外に出ないという選択肢はないと
僕は思います

自分でDIYするにしても
同じです

おそらくそう考えがないと
難しいじゃないかな

となると
元々人付き合いしない人が
いきなり移住して
ご近所付き合いを始める
というのもなかなか
ハードルが高い

なので
まずはSNSを使って
発信する
そこから始めましょう

ゆきちゃん
ゆきちゃん
今は特に話題の
Clubhouse
を活用することで古民家探しが
進みそうです

実際に古民家に関する
roomも立ち上がっていますので
そこに入って横の
繋がりを広げる

内容は自由だけど
きちんと田舎暮らしをしたい
古民家に住みたい

という宣言をしよう

そうすることで
あなたの田舎暮らしへの想いを
みんなに伝えることができるので

あなたの知り合いや
SNS上での知り合いにも
認知してもらえます

ゆきちゃん
ゆきちゃん
一番大事なのは
とにかく決めること

曖昧な状態の人へは
紹介する側も紹介しにくいです

実際に僕自身も
SNSの繋がりからの
紹介で入居することができたので
あなたも宣言しちゃいましょう!

実際に田舎暮らしをはじめると感じる3つハッピーポイント

田舎のコミュニティはいい意味で
距離が近い気がします

今まで街で人とすれ違っても
会釈すらしたことなかったですが
みなさんきっちり会釈をしてくれます

ゆきちゃん
ゆきちゃん
これに感動した

まだ住み始めてもないのに
誰にでも挨拶する
この感じが
山に似ていて
登山をしていても
すれ違う時には
必ず挨拶をします

ゆきちゃん
ゆきちゃん
ほんとにそんな感じで
みなさんが挨拶をしてくれる
なんだかホッとします

あなたがお酒が
好きなら田舎暮らしは
とても楽しくなるかもしれません

お酒飲めるんか?
と普通に聞かれます

飲みたくても飲めない
体質の僕は
残念ながら飲めませんと
お答えするのですが

飲めたら楽しいんだろうなーっと
思います

コロナ禍で
なかなか集まりを開いたりも
できなくなっているようで
みなさん寂しそうに

お花見もできないかもね
と話しておられました

ゆきちゃん
ゆきちゃん
学生世代の子どもたちが
色々手伝ってる姿が
とても微笑ましい

田舎なので遊びに行く場所もなく
集まるのは誰かの家
家では年齢関係なく
赤ちゃんから大学生まで
みんなが楽しそうに遊んでいる

ほんと都会じゃ
あまり見れない光景

とても幸せな気分に
なれる瞬間

だから親世代も
安心して子どもを
預けあったりして
夫婦の時間を大切にしてて
とてもいい時間を
過ごしてるなーと

ゆきちゃん
ゆきちゃん
そういう姿を
子どもたちが
見るのも
ほんとにいいことだと思う

そんな素敵な田舎暮らし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です