column

古民家DIYに使う丸のこ選びで重要な3つのポイント

先日のブログでマキタのインパクトドライバーを買ったという話をしましたが
今回は別の工具のお話をしようと思います

丸のこ

このブログに辿り着いたあなたなら1度は手にしたことがあろう工具ですが
様々な種類があり今何が必要か迷ってる人も多いと思います

今回は特に僕のような古民家のDIY・リノベーションを自分でやろうと思った時
インパクトドライバーの次になにを揃えたらいいのか

ゆきちゃん
ゆきちゃん
そして僕が次に買うと決めたハイコーキの丸のこの紹介までしていきたいと思います

記事を読んでいただき工具選びの参考に少しでも役立てたら嬉しいです

目次

  • 古民家DIYでインパクトドライバーの次に必要な工具は?
  • なぜ丸のこが必要なのか
  • 丸のこは危険?
  • どの丸のこを選べばいいのか
  • ゆきちゃんが選んだ丸のこ

古民家DIYでインパクトドライバーの次に必要な工具は?

インパクトドライバーは衝撃を利用して
ねじを回すドライバーであって

切ることができない

 

ゆきちゃん
ゆきちゃん
当たり前だ 笑

なので次に必要な工具は電動丸のこと考えました
検索してみてもやはりDIYをするにあたって
丸のこはあった方が良いとかいてあるサイトが多い

ゆきちゃん
ゆきちゃん
切ることだけを考えると手持ちのノコギリでもいいと思うけど
実際家のリノベーションを考えた時に毎回手で切っていたのでは
いつ終わるか分からないなーと

この切るという作業が一瞬でできるのなら
電動の丸のこを買うのがいいんじゃないかな?

ゆきちゃん
ゆきちゃん
自分の時間も大切な財産なのでその時間を買うと
考えたらそんなに高い買い物ではないのかなと

なぜ丸のこが必要なのか

ゆきちゃん
ゆきちゃん
さっき書いたように電動丸のこがあれば
確かに時間効率は上がるのが予想できるよね
だけど、それ以外のメリットもあるんだって

電動丸のこを使うと
正確にかつ綺麗に切れるということ

ゆきちゃん
ゆきちゃん
自分の手でノコギリを使って切るというのを想像したら・・・・
切れてはいるけど正確さ綺麗さという面では納得のいく断面ではないかな
そして断面を綺麗にするために削ったり微調整したり色々な手間が増えそう・・・

もちろん僕のような初めて使う人が
いきなり使いこなせるものではないとは思うけど

使い方を間違えなければ安全にかつ正確・綺麗に
材料をカットできるものみたいで

今は、インターネットで使い方を教えてくれる
サイトやYouTubeで動画を見ることもできます

ゆきちゃん
ゆきちゃん
ほんとにスマホ一台あれば
何でも勉強できるいい時代

過信してもダメだと思いますが危険なことをしなければ
とても便利な電動工具だと思います

丸のこは危険?

ゆきちゃん
ゆきちゃん
電動丸のこは、危険じゃない??
使うの難しそう

と僕も思っていました
まだ使ったこともないのでハッキリと言い切ることは難しいですが
使い方を間違えなければ安全に便利に使える道具だと思います

丸のこ以外にも材料を切る道具はあるようです
例えばジグソーという電動工具
ジグソーは曲線を切るのを得意とした電動のこぎり

小型で扱いやすいが
直線を切ったり
パワーがいるときは丸のこを
使う方がいいみたいです

ゆきちゃん
ゆきちゃん
なので僕の用途を考えると
まずは丸のこになるのかなと

では、丸のこの危険性について
鉄でも切ってしまうという丸のこなので
間違った使い方をしてしまうと大事故に繋がります

 

必ず守らないといけない3つのポイント

  • 適切な高さで作業をする
  • 丸のこをしっかりと持つ
  • 丸のこの真後ろに立たない

こちらを必ず守って安全に使っていきたいです
丸のこ危険?などで調べてみると

「キックバック」

という言葉が出てきます

キックバックとは
カットしている時に木材と木材の間に電動丸のこの刃が挟まり
その衝撃で進行方向とは逆に吹っ飛ぶ現象

衝撃の大きさはかなりのもので手で持っていられないくらいの
衝撃がくるそうです

ゆきちゃん
ゆきちゃん
何でも切ってしまう丸のこが吹っ飛んでくるのを
想像しただけでも怖い・・・

ですがこれもきちんと危険性を理解して
万が一の時の対策を怠らなければ問題ないと思います

どんな道具も危険な使い方というものはあるものです
特に丸のこだけが危険というわけでもありません
今は工具の改良もされて昔に比べ
家庭でも安全に使える道具として世に販売されています

 

どの丸のこを選べばいいの?

ゆきちゃん
ゆきちゃん
調べてみると丸のこは
正確に綺麗に切れることが大事
とどこを見ても書いてました

実際に歯の角度や切り口の綺麗さ
結局ここに精度がないと
二度手間になってしまいます

なので
それを考えると
多少値段があがるけど
マキタハイコーキ

ゆきちゃん
ゆきちゃん
このどちらかであれば
間違いはないはず

あとは
有線かコードレスか
コードレスは取り扱いやすいけど
値段が高い
本体の他にバッテリーも必要

有線は価格が安く
充電もしなくていいが
コードの取り回しが面倒

僕が辿り着いた結論として

  • 精度の高い作業を求めるならマキタかハイコーキなら安心
  • 予算に応じて有線100Vか充電式の36V

 

こちらを抑えておけば間違いないと思いました

ゆきちゃんが選んだ丸のこ

ゆきちゃん
ゆきちゃん
僕が選んだのは
HiKoki(ハイコーキ)の
充電式丸のこ36Vです

決めては
見た目!!

マキタとハイコーキ
どちらも安心安全のメーカー
となると
最後は見た目

ゆきちゃん
ゆきちゃん
これから毎日のように
DIYするとなると
毎日のように
使う工具になるので

使うたびにテンションの上がる工具

という目線から選びました

基本マキタとハイコーキは
緑ベースのカラーなのですが
ハイコーキに関しては
ブラックが用意されているものが
あります

それがまたカッコいいんです

ゆきちゃん
ゆきちゃん
最近
何でもシンプルが一番と
そんなことを感じていて
白や黒のもので
揃えることが多い

機能や安全性で大差ないなら
最後は直感

物事は直感で決めることも
大事だと思っています

そんな素敵な田舎暮らし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です